PROFILE

2007年
秋に結成。
都内のライブハウスを拠点に活動を開始する。

2008年
結成1年にして1st EP 「アンディとロックとベンガルトラとウィスキー」を2008年10月8日にリリース。
コアな音楽ファンの間で多くの反響を得ることになる。

2009年
急激にライブ出演が増えてきた折の2009年2月4日、1st album「andymori」をリリース。
セルフタイトル通り、彼等の自由や希望がぎっしりと詰まったレコードになる。
独創性に富んだ視点で捉えるリリック、エッジィでツンのめる瞬間的爆発サウンド、何処か懐かしく、
確かなメロディーを武器に、彼等はシーンに躍り出てゆく。
様々な大型フェスティバルにも出演しつつ、
夏には初のワンマンライブ「シモキタサワディーモリ」を下北沢basement barにて開催。
彼等の音楽は2009年夏、様々な場所で暴力的に鳴り響いた。
更に10月15日、恵比寿LIQUID ROOMにてワンマンライブ「SAWASDEECLAP YOUR HANDS」を開催。

2010年
2010年1月「スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 2010」に出演。
1st albumから1年後の2月3日に2nd album「ファンファーレと熱狂」をリリース。
このアルバムで「第3回 CDショップ大賞」を受賞。
アルバム発売記念の初の全国ワンマンツアー「祝!andymori 2nd album 発売記念ワンマン・ツアー"ファンファーレと熱狂"」は
追加公演も含めて全会場SOLD OUT!

夏には11本のフェス、イベントに参加し、
秋には2010年の集大成の「東名阪ワンマンツアー'ぼくたちアンディモリ'」を開催。
ツアー最終日の初めての日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブはSOLD OUT!
この公演中にドラムの後藤大樹の脱退を告知。
11月27日の吉祥寺CLUB SEATAでのライブをもって脱退。
12月2日の下北沢SHELTERのライブから新ドラマー'岡山健二'が正式加入。
12月8日に1st LIVE DVD「ぼくたちアンディモリ~日比谷野外大音楽堂 ライブ & ドキュメンタリー~」をリリース。

2011年
2011年4~5月には全国10都市の「ワンマン'春の楽園'ツアー」を開催。
新生andymoriの確かな手応えをオーディンスと共に感じた。
6月8日に3rd album「革命」をリリース。
岡山健二加入後、すぐさま録音され、
シンプルな言葉でラディカルに迫る人間讃歌にして、革新作!
これは、3rd albumという位置づけの1st albumである。
9~10月に過去最大キャパで全国10都市の「3rd album '革命' 発売記念 ワンマン'秋の楽園'ツアー」を開催。

2012年
2012年2月8日に 2nd LIVE DVD「秋の楽園ツアー 2011.10.07 Studio Coast」をリリース。
3月から「 '100分間のファンタジー 遊ぼうぜ 踊ろうぜ' ツアー 」と題して、全国6都市7公演のZepp Tourを開催。
5月2日には4th album「光」 をリリース。
11~12月に対バンツアー「andymori presents 'マイム・マイム'ツアー」を開催。

2013年
2013年3~4月に「ライブハウスツアー 'FUN!FUN!FUN!'」を開催。
5月27日に解散を発表。
6月26日に5th album「宇宙の果てはこの目の前に」をリリース。
11月6日に3rd LIVE DVD「FUN!FUN!FUN!」をリリース。
11月20日に初めてのライブアルバム「ANDYSHANTY」「愛してやまない音楽を」を2タイトル同時リリース!

2014年
2014年7月、ワンマンライブ「andymori ワンマン ひこうき雲と夏の音」開催。
8月には4本のイベントライブに出演し、
8月29日「SWEET LOVE SHOWER 2014」でのステージをラストライブに解散する予定だったが、
まさにそのステージ上において、突如メンバーから「もう一回、ライブをやろう」という発言が飛び出し、
終演後に協議した結果、andymoriとしてもう一本ライブを行うことを急遽決定。
10月15日、日本武道館にて「andymori ラストライブ」の開催が決定している。
また、デビュー6周年の記念日である10月8日に
4th LIVE DVD「ひこうき雲と夏の音」がリリース予定!